So-net無料ブログ作成

レッドクリフ part1&part2 [洋画(アクション)]

今晩、TVで放映されますねー(早すぎない?)

今作に関して「三国志」を期待するというより、
ジョン・ウー映画を楽しむ覚悟で行くと良いです。

というのも、あまりにも有名な話だけに
ちまたの三国志ファンにとっては思い入れも
こだわりポイントもそれぞれなんでしょー?
物語<アクション、が強い為、人物説明がやっと。
確かに内容の薄っぺらさは否めません。
この辺で、好き嫌いがパッキリ分かれるようです。

「三国志」を全く知らない派だった私はフツーに
娯楽アクション映画として退屈せず楽しめました。
逆に初心者には役柄と顔を覚えるのがやっとなんで、
たぶん細かく設定を説明されてもついて行けず、
(眠くなりそうだし)丁度良かったと思います。

とりあえず、武将達が皆、怪力だったのがウケる。
タックルで馬とか吹っ飛ばしちゃうのとか。
ジョン・ウー節なりの抑えた見せ方だったと思うけど、
やはりスローで2丁拳銃のかわりに槍と剣で
スライディング・アクション等の演出は健在(鳩も)
ぷっと笑ってしまった。

金城武は、北京語をしゃべってる方が格好いいですね。
トニー・レオンはたぶん普段のトニー・レオン。
必要最低限、多くを語らず、美味しい所をさらいます。

とにかく「三国志」を知るきっかけとしては軽く
入りやすい娯楽大作でアリだと思う作品だけど、
真の「三国志」ファンには物足らないのかと思うと
それはそれでバランスも難しく皮肉なもんだなぁと。

赤壁で両者向かい合う所で終わってしまうpart1。
え?ここで終わり?気になる〜!!


ということで、先ほどpart2、観てきました〜♪

いやぁ、熱い!笑っちゃうくらい熱い!
はっきり言って、一番盛り上がるラスト、
アドレナリン全開で最高に興奮するシーンに
私、大爆笑しちゃいました。(格好いいんだけど笑えます)
いや、勿論これはいい意味でですよ。

まじめに三国志を愛しておられる方には疑問もあるかと
思いますが(たぶん大きく脚色で変えられてると思う)
しかし、これはこれで割り切って楽しむべき!
何てたってジョン・ウー映画だから!!
流れるようなスローでスライディング美学!



レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]

レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。