So-net無料ブログ作成
検索選択

「レポゼッション・メン」 [洋画(SF)]

images-1.jpg

近未来SF&ジュード・ロウ&B級臭さ
という3点のみで観たかった作品w

延命目的で開発された人工臓器万歳の世界なんだけど
ローンが払えない人は即回収=死するという未来のお話。
(人の弱みにつけこんだ金儲けor公式殺人とも見え兼ねる)
その回収の仕方が極端にサディスティックw

ジュード・ロウの格好良さに思わずごまかされそうでしたが
前半の彼はコンビのウィッテカーとどうみても殺戮を楽しんでるご様子。。。
自分がレポされる側になって、急に態度を変えるのも何か都合良く見えて、、、
あまり同情できないまま迎えたブラックなラストもふ〜んで終わってしまいましたw
後味がイマイチなんですよね〜。。。

途中から簡単に奥さんから心変わりしちゃったヒロイン
(アリシー・ブラガ)←「プレデターズ」にも出てた。
彼女は10個くらい人工臓器を持ってて、目は何色にも変えられるは
耳は犬並みに聞こえるはと、半ばアンドロイド的な飛び道具あたり
期待しちゃいましたが、結局は“最高の感度を持つ女”wで終わってしまって
いたってのが、ちょいと物足らなかったです。

どうせというか、さっさと根源のマシン爆破とかしちゃえば?
なんて思いながら迎えたラスト。
登録された臓器の破棄の為にいちいち切り刻む痛いシーン。
グロいの平気な方とはいえ、監督自身楽しんでるとしか思えない
ねちっこ〜いグロ演出にはちょっと引きました。。。



奥さん役の方(カリス・ファン・ハウテン)。
どこかで観たな〜と思ったら大好きなネコ映画
「ネコのミヌース」の主人公のお嬢さんだとは!

ヒールで屋根を駆け回るカワイイ猫娘をコミカルに演じて
おられ猫好きにオススメの一本でございます♪


ネコのミヌース [DVD]

ネコのミヌース [DVD]




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。