So-net無料ブログ作成
検索選択

「英国王のスピーチ」 [洋画(ドラマ)]

img8c627ffczikbzj.jpg

いやーアカデミー賞、いっぱい受賞しましたね。
(作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞)

個人的には監督賞は「ソーシャル・ネットワーク」に
あげても良さそうと思ったけど。
(↑脚色賞、編集賞、作曲賞とったからまあいいか)


「英国王のスピーチ」は観る前の予想より断然良かった。
これは上手く説明できないけど、観ると納得という感じ。

英国王ジョージ6世がなぜ愛されたのかよくわかる。
彼の抱えたコンプレックスとプレッシャーを知ることで
王家だろうと一般人であろうと、同じ人間であるとこに
変わりはなく親近感すら覚える。
(弱さを強さに変えて人にも優しくなれたんだねぇ〜)

338127view002.jpg

主演男優賞もいただいちゃった(コリン・ファース)も
やっぱ上手い。昨今では「シングルマン」とかも良かったけど
繊細な心の感情のふれ幅、魅せてくれるよねー。
弱いとこも癇癪持ちなとこも、でも品格や気高さは
ちゃんとあるたたずまいも、ステキでした☆

338127view005.jpg

最後のテロップでちゃんと事実、生涯の友として記されてたのが
うれしかった言語聴覚士ライオネル(ジェフリー・ラッシュ)。
(「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのバルボッサや
「シャイン」の天才ピアニストとか)
今回もめちゃハマり役☆
時に型破りな治療法をし、屈託ないユーモラスさと
シリアスな本音の織り交ぜ方の緩急のバランスが良かった。
彼が感情を刺激し、頑な心を開かせ本当の友達だと思えるよう
打ち解ける様がとても温かく泣かせてくれました。

実際、ジョージ6世は継承者が誰もが兄だと思っていた中
王としての教育も期待もされてなかったから、
彼の抱えた問題”吃音=どもり症”は、紐解いていくと
結構、小さい頃の王室であるゆえのメイドからの兄贔屓や
強制がトラウマや引き金になってたりで、なかなか切ない。

そんな中、兄エドワード8世が思わぬ「王冠を賭けた恋」に
走ってしまったもんだから、王座のお鉢が廻ってきてしまい
自信も勇気もないジョージが泣いてしまうシーンは
もらい泣きしてしまった。
そこで、また妻(ヘレナ・ボトム=カーター)の台詞が
深い愛情と包容力でぐっときたりも。
(王様も周りの支え無しではやってけないんだねぇ〜)

あと、ラストのナチスとの開戦を前に不安と緊張感の高まった
国民の前でするスピーチがお約束でありながらもやはり良かった。
たどたどしい口調でセンテンスごとに慎重に発せられた言葉が
一人一人の心にしっかり響く感じで、ただのスピーチだというのに
バックに流れるベト7も相乗効果で、手に汗握る高揚感と涙でしたw

この作品、心と心が近づく瞬間(ジョージ6世&ライオネル)
だったり(王家と民衆)だったり、距離が縮まることによる
親近感がいいですね。実にほっこりしましたw

wikiで読むとジョージ6世は、この後も吃音を抱えつつも
国民一人一人を励ます行動を起こしたり、自分の寂しい経験から
生涯家族を大切にしたりといい人っぷりが書かれてました。
お兄さんの「王冠を賭けた恋」の影に埋もれたいい話ですよね。

このお兄さんエドワード8世の話がマドンナ監督により
映画化進行中とのこと。主演は(ユアン・マクレガー)


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 1

ネジ

>DSilberlingさま

nice!ありがとうございます♪


>Inuunekoさま

nice!ありがとうございます♪
by ネジ (2011-06-15 04:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。