So-net無料ブログ作成
検索選択

「メタルヘッド」 [洋画(ドラマ)]

hesher.jpg

「(500)日のサマー」「インセプション」でファンも増えた
であろうジョセフ君とナタリー・ポートマンの映画とくれば
人気もありそうなのに、都内では渋谷のシアターNのみ。

見て、なるほどねw。
劇中ほとんどが下ネタセリフをぶちかましてますw

<あらすじ>
聞いていて不快な音楽やポルノグラフィー、そして焼けたふんを地面にたたきつけることが
お気に入りの一風変わった男であるヘッシャー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)。
ある日、自動車事故で母親を亡くしたばかりの少年TJ(デヴィン・ブロシュー)と、
その父ポール(レイン・ウィルソン)のもとで暮らすことになったヘッシャーは、
親子にとって特異な存在であったが……。
                             (シネマトゥデイより抜粋)

joseph-gordon-levitt-hesher-shirtless-07_large.jpg

今回のジョセフ君、カワイイ草食系や気の利いたスマートな相棒姿に
惚れた女子にはちょっと引くものがあるかもしれないですね。
どちらかというと、ちょっと小汚い(窪塚洋介)みたいw。

でも、メチャクチャな行動や下品な言葉使いそのものより
ヘッシャーの単なるキチガイじゃない良さが伝わってくる
いい話なんですよ。

Hesher3-620x.jpg

主人公TJも、車にひかれても、いじめっ子とのタフなケンカしても
結構な負けん気強いガキんちょで、普通なら過保護に心配する
とこなんだけど、妙なシュールなセンスに笑っちゃった。
イタイタしいトコを笑いに変えられるのはいいことだと思う。

hesher2-1.jpg

母親が事故でなくなって、その事故車に異常に執着するTJ、
妻の喪失に立ち直れない父親、唯一明るくふるまう祖母。

そこに変人ヘッシャーが転がり込む行動は突拍子ないんだけど
時々、捨てられた物を燃やしたり壊したりするの見てると
ヘッシャーも問題のない幸せな家には興味がなさそうであり
これくらいの方が居心地が良さそうなことがわかったり。
おばあちゃには優しい一面を見せてくれるとこも微笑ましかった。

hesher2.jpg

TJが密かに恋心を持つ女子ニコール(ナタリー・ポートマン)。
今回はイケてないメガネ女子だけど、ダサイ格好してても
やっぱ磨けばすぐ光りそうな美貌は隠せてないですねw。
ヘッシャーみたいな奴に、あっさり手を出されちゃって
TJを傷つけちゃったりもしますが、優しいけどちょっと
自分に自信のない弱い面もある役を引け目なく好演。


このヘッシャーという変人、どこかムチャはやっても
人は殺さないだろう的な最低限のルールがありそな
そこんところの信用はできそうな男と思わせてくれる
妙な魅力もあったりで、

ラスト、おばあちゃんの葬式で語る下品なたとえ話も
一瞬わかりにくい弔辞なんだけど、
要は後ろ向きな親子にビシっと喝を入れてくれるいいシーン。

なんでもかんでもわかりやすく感動的なセリフを言えば
いいもんじゃないと思う人には小気味良いんじゃないかと、
下品だけどユニークで心温まるメッセージありですw。


(500)日のサマー [DVD]

(500)日のサマー [DVD]




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。