So-net無料ブログ作成
検索選択

「水曜日のエミリア」 [洋画(ドラマ)]

movie_7293_poster.jpg

今年はナタリー・ポートマンの映画が多いですね。

これも主演作のひとつ。

上司に恋し、略奪婚した女弁護士エミリア(ナタリー)が
我が子を出産した幸せな絶頂のシーンから始まるオープニング。

でも、その赤ちゃんが生きていたのはたったの三日間で
悲劇に落込むエミリアが旦那のツレ子、ウィリアムと
ツンケンしながらも何とか上手くやって行こうとする話。

7186.jpg

良い映画なんだけど、正直この主人公エミリア
性格が好きになれなかった。(終盤救われたけど)

そもそもが妻子持ちから旦那を奪うような女だから
感情に正直なんだろうけど、子供を失ってからの落ち込み方
周囲にあたりちらすとことか、弁護士してたような
頭がいい女性に見えない。。。(勝手なイメージだけど)

親の都合で離婚して新しい継母にグズりたい子供の
気持ちには同情できるけど、、、子供らしい無神経な
発言にいちいち継母もグズってどうするw?

とはいえ、わがままななのは主人公だけじゃなくて、
振り回してくれる男ども(旦那、義理息子、父親)もな訳で。

見方が変わる後半は、実は愛情に溢れ見守られてるという
そんな気持ちに主人公同様に気付くことができ、
エミリア自身が苦しみから解放されるといういい話。
デリケートなシナリオ運びは上手いと思った。

ナタリー・ポートマンの表情はさすがな仕事ぶりで、
バラ色の表情から心が冷えてしまってからの葛藤する表情、
微妙な関係だった義理息子の意外な愛情表現に癒され
涙する表情はさすがにこっちまで泣けてくる名演でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。