So-net無料ブログ作成
検索選択

「ハラがコレなんで」 [邦画(コメディ)]

Mitsuko_Delivers_Hara_Ga_Kore_Nande_2011.jpg

石井裕也監督の「川の底からこんにちは」が
相当おもしろかったので、何かしら期待せずには
いられなかったけど、期待を超えるとは大変なことよね。

正直、男性が妊婦の主人公の脚本を書いているので
何か心理的に違和感や行動が腑に落ちないというか。。。
(臨月のお腹の子が、二の次三の次にされるあたりとか)
とはいえ、ラストのメチャクチャ具合には笑った。

340505view004.jpg

幼少期、貧乏で長屋暮らしをしていた主人公が
どこの馬の骨ともわからん黒人の子を身ごもって
フラリとまたこの長屋に舞い戻ってきて騒動をおこす話。

金なし家なしダンナなしの主人公が、他人を心配してる
場合じゃないのに、行き詰まったおじさんの身の上話を
聴いては、一緒に泣いて「OK!私にドーンとまかせな!」と
全くもって風まかせと断言してしまっている無責任
頼もしさで喝をいれてくれますw

彼女の終始“粋”にこだわった迷った時の選択も、はたして
これは“粋”なのかなぁと思う事もあったりなかったりw
江戸っ子の人から見ると、こういうのってどうなんでしょね?

主人公の原光子=(仲里衣紗)。
ムスッとした顔でも可愛くて、ドーンと背中をはたく姿や
怒鳴ってもカラっとしてるトコとか気持ち良い肝っ玉娘。
「川の底の〜」の(満島ひかり)とも共通した
芯の強そうな小娘ですね。二人ともクォーターだし。
監督好きなんだろうなぁ、こういう粘り強そうな子w。

主人公を片思いして長屋で待ち続ける青年(中村蒼)。
彼はイケメンだけど、じめっとした古臭い画が似合うのが
いいのか悪いのかって感じw。

340505view005.jpg

何気に面白かったのが、珍しく気の弱い役の(石橋凌)。
ドスのきいた強面役も多いだけに、小者ぶりが新鮮で
ラストのどんくささはクスクスと笑わせて頂きました。

他にも素人くさい子役の素の演技とか面白かったし、
全体的にはオフビートなクスクス笑う系だけど
もう一声、登場人物にリアリティや生活臭、
突き抜けた変が欲しかったかもー。





nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 2

ネジ

>alba0101さま

nice!ありがとうございます♪

>yu-papaさま

nice!ありがとうございます♪
by ネジ (2011-11-11 15:38) 

ネジ

>のむらさま

nice!ありがとうございます♪
by ネジ (2011-11-13 01:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。