So-net無料ブログ作成

2011年度の劇場鑑賞 [その他]

明けて1月も残り少なくなりました。
何でしょうかこの早さは!寒さは!
という訳で今年もよろしくお願いします♪

さて2011年度に劇場で観た映画は89本でした。

1〜5月の上半期のメモはコチラ
http://iloveapple.blog.so-net.ne.jp/2011-06-01#favorite

さっぱり感想が書けずじまいな一年でしたが、
一言でもメモを残せればと下半期のリストをアップします。
(今年は1本でも多く感想アップしていきたいなぁ)


<6月>
「奇跡」…「ぼんやりちゃうで、ほんのりや」起伏は少ないけど子供たちの笑顔にほっこり♪
「ジュリエットからの手紙」…イタリアの美しい景色に陽気な人々にハートもきゅんきゅんw
「ブルーバレンタイン」…イタいカップルのリアルすぎる切ない話。編集テクがキラリ後味もどっしり。
「X-MEN/ファースト・ジェネレーション」…アクションのみならずドラマにも厚みがあって
                     シリーズで一番惚れたw。今年度ベスト3。
「SUPER8」…期待をあおりすぎたCMにがっかり度が。。。エンドロールが一番良かった。

<7月>
「コクリコ坂から」…昭和らしい清々しい青春や優しさが爽やかで意外と好き。
「アイ・アム・ナンバー4」…スマッシュヒットな楽しいB級♪続編も観たい。
「127時間」…岩にはさまった男の過酷な127時間。これは観てるだけでも痛ーい。
「メタルヘッド」…一見下品で乱暴な作品だけど、ハートは熱いw。
「マイティ・ソー」…思ってたよりハンマーがちっちゃかったけど、まあまあ面白かった。
「ハリーポッターと死の秘宝 part2」…スネイプ先生の秘密が切なくて。
「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」…バンクシーの面白くてクールなドキュメント。
「水曜日のエミリア」…ナタリーの作品が多い中、この演技も上手。
「モールス」…「ぼくのエリ」の方が好きだけどテンポはこっちの方がいいかも。

<8月>
「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」…とにかく3Dの為に創られた瓦礫w そしてながいw
「カーズ2」…1作目からちょっと方向転換したこれはエンタメとして楽しかった♪
「ドライブ・アングリー」…下品なニック炸裂w。追手で案内人のあの人が妙に面白かった。
「デビルクエスト」…邦題のセンスがイマイチで地味に納まったちゃった中世冒険ファンタジー。
「ツリー・オブ・ライフ」…トンデモ系な感じだけど、映像気持ちいいし何気に好きでした。
「未来を生きる君たちへ」…理不尽な世の中に優しく諭してくれるパパと子供たちの過ちが切ない。
「カンフーパンダ2」…カンフー映画愛を感じる第二弾。高いクオリティキープで満足です♪
「うさぎドロップ」…アニメ先に観ちゃったせいもあって違和感あり。脚色も余計に感じました。
「グリーン・ランタン」…アメコミの中じゃちょっと地味すぎて笑えるw

<9月>
「ハンナ」…ケミカルの音楽に酔いしれ刺激されるけど、内容はちょっと惜しい。
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」…期待すらしてなかったけど、ちょっとこれは退屈だったかなぁ。
「アジョシ」…アクション映画において邦画は韓国映画に完全に敗北したと思ったw イチオシ♪
「はやぶさ/HAYABUSA」…地味でも忠実だから感動。日本人の技術はまだまだ期待できますね。

<10月>
「探偵はBARにいる」…大泉洋が3枚目から→2.5枚目に昇進w。続編も楽しみです。
「ゴーストライター」…巨匠の演出の手腕が響く、ミステリーの過程にゾクゾクしました。
「猿の惑星:創世記」…前半面白かったんだけど、後半失速しちゃったかなぁ。
「キャプテン・アメリカ・ファースト・アベンジャー」…アメコミ代表は爽やかな好青年♪
「カウボーイ&エイリアン」…気合いで文明なんかふっとばしましょーw
「ランゴ」…デザインこそ可愛くないけどCGには他と差を感じる見応えありました。
「ツレがうつになりまして。」…夫婦役の二人が微笑ましい。自然だし泣けるし応援したくなるし。
「ミッション:8ミニッツ」…惑わしてくれるラストと後味のほっこり具合にだまされたw 好き♪
「ステキな金縛り」…三谷監督の作品はやっぱ舞台向きな気がするせいか今一歩ハマれない。
「ハラがコレなんで」…粋を主張する主人公の粋の定義がちょっと?ラストは笑っちゃったけど。

<11月>
「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」…それなりに楽しめるけど後に残らない系。
「インモータルズ 神々の戦い」…映像美とカニバサミ・ミッキー。内容はちょっと不親切な神話。
「マネーボール」…内容以上に脚色と演出の勝利。今年度ベスト3。
「コンテイジョン」…いやらしく思わせぶりな物撮りカット、クールで大人な演出が良かった。
「サウターヂ」…インディーズだけど邦画ではなかなか観れないし一番面白かった。
「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」…CGならではのカメラワークも楽しいエンタメ♪
「friends もののけ島のナキ」…この絵本なぜか知らなかったけど、泣けて逆に良かった。
「新少林寺」…映像はキレイなんだけど、カンフーが物足りない。。。あとリー・リンチェイもw
「ラブ&ドラッグ」…バイアグラの営業マンの実話。難病ものだけど明るくエロく爽やかw
「ラブ・アゲイン」…ラブコメの中では本年度ベスト。ライアン・ゴスリンの色気にやられた。

<12月>
「50/50」…軽やかでユーモアもあるしめっぽくない、ノススメ的な難病映画。
「ピザボーイ 史上最凶のご注文」…ゾンビランドほど笑えず期待ハズれた〜。。。
「リアル・スティール」…「ロッキー」や「チャンプ」みたいな王道な感動にテンション↑♪
「ワイルド7」…企画から疑問あったけど、やっぱいろいろ残念でした。
「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」…安定した派手なエンタメに大満足♪
「宇宙人ポール」…アメリカのSF映画・愛にあふれ小ギャグもお腹いっぱいパロディw
「ニューイヤーズ・イブ」…場面の違う豪華キャストが誰かと繋がっていくたびにほっこりw
「永遠の僕たち」…あるカップルの死生観に悩む話だけど重くなく爽やか。加瀬亮も◎。
「灼熱の魂」…母親の痛切な過去の謎をめぐるミステリー。本年度一番の衝撃でした。


2011年度6月〜12月までの鑑賞は、以上。

後半は王道なエンタメもそこそこに楽しめましたが
やはり「マネーボール」にガツンとやられちゃいました。

あとお金がかかってないなりに時間と手間が工夫された
ドキュメントやインディーズなんかも面白かったので
今後ももっと注目していきたいトコ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。