So-net無料ブログ作成

「Friends もののけ島のナキ」 [アニメ]

50.jpg

(浜田廣介)さん原作の「泣いた赤鬼」を
「Always三丁目の夕日」等の(山崎貴)監督が
ちょこっとアレンジを加えてのCGアニメ作品。


<あらすじ>
恐れられているもののけ島に一人の赤ん坊“コタケ”が
迷い込み、赤鬼“ナキ”と青鬼“グンジョー”が面倒を
みることに。最初はツンケンしてたナキもいつしか
コタケの無垢な可愛さにほだされて友達になっていく。
対立したもののけと人間がいつまでも一緒にいられる
わけもなく、やがて悲しいお別れの日がやってくる。。。


お互い誤解関係のある人間ともののけの出会いのフレンズであり
また、もののけ同士の絆のフレンズであったりと、
原作を知らなかったのもあって、単純にお別れで泣くのかと
思いきや、意外な不意打ちをくらってしまった。
最後の赤鬼さんの涙にはちょっともらい泣きw。
シンプルなストーリーだけど、好感が持てました。

a.jpg

・赤鬼のナキ(香取慎吾)
 悟空や両津さんとかみたく、ちょっとがさつだけど
 情熱的なキャラクターというのが定番になりつつありますね。
 タレント声優という点では特に気になることもなかったです。

・青鬼のグンジョー(山寺宏一)
 さすがの山ちゃんw。安定感バツグン。声の通りも人一倍いいし
 物語の緩急にテンションあわせるプロですよねー。

・人間の赤ちゃんのコタケ(新堂結菜)
 この声はズルいですw。カワイすぎ。
 
・ゴーヤン(阿部サダヲ)
 ゴーヤのもののけ、これは阿部さんそのものw
 涙ちょちょぎれながらの笑いのオチ担当。

・ミッケ(YOU)
 これもまたYOU姉さんそのものw
 しっかりちゃっかりしたキャラではあるものの
 もう少し見せ場が欲しかったです。
  
他、鬼退治の三人衆は、TOHOシネマズでよく見る
「た〜か〜の〜つ〜め〜」のFROGMANの方々。
上映前のマナー講座アニメではコラボもしてますよね。

photo_02.jpg
 
日本のCGアニメは、それなりにキャラクターの愛らしさや
繊細な色使いとかも良かったりだけど、
感情移入させてくれる話が少ないなぁと思ってただけに、
今作は“コタケ”の可愛さにきゅ〜ん♪と来て、
お別れも切なくなったりで良かったです。

でもね。
無邪気なコタケを相手にオロオロしてる鬼たちの関係を
観てて、、、あれれ?って思っちゃったわけ、、、

そう、とっても「モンスターズ・インク」に似てちょwww

まあ、原作は60年代で先ですけどね。
監督さん、ピクサーみたいのやりたかったんでしょうねw


ノリツッコミのギャグもテンポ良くドリフ系かな。
う○こネタとかで小学生が爆笑してました。

来月公開の「タンタンの冒険」といい勝負しそうな気がします。

公開は12月17日、東宝系。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ランゴ」 [アニメ]

watch-rango-online.jpg

昨日たまたまついでに観たコレと「カウボーイ&エイリアン」
という西部劇つながりの二本、どっちも異色な西部劇でしたw

「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの
監督(ゴア・ヴァービンスキー)と(ジョニー・デップ)の
フルCGアニメで再タッグというわけで、主人公がカメレオンは
とってもジャック・スパローそのものなイメージでしたw

vid_johnny_depp_rango_640x380.jpg

CGの見せ方も質感もかなりこだわり感じるデキでしたが
自分探しのテーマの奥行きを感じさせる内容もセリフが多く、
できれば吹き替え版で観たかったのですが、、、
なんせ宣伝文句が「あのジョニー・デップのランゴ♪」ですから
ジョニデの声じゃなきゃダメってなわけwww
見所は声だけでなく演技もモーションキャプチャーで
ジョニデそのもののようです。↓その様子



<あらすじ>
ドライブ中に水槽ごと道路に投げ出されてしまい、
砂漠でさまよう羽目になったカメレオン、ランゴ。
自分とおもちゃしかいなかった水槽の世界から一転、
ダートという町に流れ着いたランゴは、人間関係、
生存競争などに満ちた現実世界の厳しさを知っていく中、
町からなくなった水を取り戻す依頼を受ける。
               (シネマトゥデイ抜粋)

冒頭、人間界の生活から放り出されたはずなのに
砂漠を彷徨いたどりついたトコは動物たちが擬人化された
ミニマムな町。少々戸惑いましたが、まあそこはおいといてw。

Rango-Film-Review-470x352.jpg

とりあえず、キャラは全般的にかわいくありませんw。
(ピクサーのような子供を相手にしてないという感じ)
ヒロインらしきトカゲさえ、ジャージャーみたいなの。
唯一カワイイなと思ったのがこの子↓

rango3.jpg
※声を(アビゲイル・ブレスリン)ちゃんが担当

虫や大きいヘビも出てくるので、嫌いな人は気をつけてw

rango23_1.jpg

飄々とした主人公ランゴは、さすがジョニデの分身という
感じで楽しめるので、パイレーツファンには好きだと思う。
ナメられまいと小さい嘘ついたりトボけた表情は
ジョニデに見えてくるから不思議だよねw
飄々とうそぶく姿から、危なっかしくも大活躍したり
自分探しにセンチメンタルになったりする一面と
ボディランゲージ含め表情豊かで楽しめました♪
微妙な愛らしさですが、観て損はないと思う。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

「カーズ2」 [アニメ]

cars-2.jpg

「トランスフォーマー」とセットで観ましたが、
どちらかというと、こっちの方が面白かったです♪

続編でありながら、方向性がガラリと変わった今回、
これはこれで楽しかった〜♪

1作目はスピードに固執してたレーサー・マックィーンが
片田舎で人生を見つめ直すというヒューマンドラマ(車だけどw)
予想外に胸にきゅんとくる切なさで良かった。

338546view002.jpg

で、今回はなんだかスパイも出てきて主役もどちらかというと
相棒のおんぼろレッカー車・メーターが大活躍♪
今時の車事情に乗っ取って、バイオ燃料や電気自動車
なんかもネタに出てきたりw。

007を彷彿させるキャラ、英国スパイカー・フィン
(声:マイケル・ケインがまた良い♪)が、カッコ良いの♪
スパイ特有の秘密兵器がなんかも盛りだくさんで楽しいし。

cars-2-1.jpg

今回は、ワールドグランプリで世界を巡りますが、
(日本、フランス、イタリア、イギリス)の場所が見所。
実写異常にキレイな風景でうっとりしましたw
日本はネオン街とウォシュレット付きのハイテクトイレが印象的w
(外人のイメージはやっぱこれなんですね)

なんといっても表情豊かな擬人化はさすがピクサーさん。
車なのにちゃんとそれっぽい人に見えるのには感心します☆
周りの男の子もきゃっきゃ喜んでおりましたw

1作目のような熱いドラマっぽさはないですが、
冒険活劇としての2作目もこれはこれでおすすめ♪


カーズ [Blu-ray]

カーズ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: Blu-ray



nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「メアリー&マックス」 [アニメ]

20110413_1818314.jpg

オーストラリア産の大人向きクレイアニメ。

監督は、アカデミー賞短編アニメ賞の受賞ありの
(アダム・エリオット)氏。
今作では自らの体験がネタになっております。

声優は何気に豪華♪
大人のメアリー(トニ・コレット)
マックス(フィリップ・シーモア・ホフマン)
ダミアン(エリック・バナ )


「ウォレスとグルミット」となんかと比べるとラブリーさに欠ける
ちょっとデコボコした一見荒い見た目なんだけど
細部はよく作り込まれてて、照明やアングルも良かった。
主にオーストラリアのシーンはブラウン系で
NYのシーンはグレーな色分けで
ほのぼのした田舎とクールな都会という対照的なイメージ。

110202_mm_main.jpg

<あらすじ>
オーストラリアに住む8歳の少女メアリーは、
アル中で万引き常習犯のママと鳥の剥製作りが趣味の
パパと三人暮らし。
夢見る少女は、目は泥水色で額のアザはウンコ色と、、、
結構な言われ方で冒頭はじまり、ちょっとシュール。

電話帳からランダムに選んだNY在住のマックスに
手紙を書いて交流がはじまります。
マックスは人付き合いが苦手な孤独な中年男。
彼もちょっと世間に溶け込めない神経症持ち。

お互いに友達も少なく、ささやかな手紙の交流は
いつしか20年以上にもなり〜という話。

M&M.jpg
※↑新宿武蔵館のロビーに飾ってありました。


コンプレックス持ちの少女と自閉症に苦しむ男の
繊細さ、寂しさはあるけど、他人に不必要に踏み込まれる
ことも苦手で&自らも踏み込めない不器用さ、
彼らが信じ合える事に必要な距離感など、実話ゆえなのか
とてもリアリティがあり、
“どんな人もユニーク”、“欠点は選べないけど友達は選べる”など
監督の深い愛情を感じ取れるとこが素晴らしかったです。

そんな世知辛い世を生きる孤独な主人公二人が、
恋愛感情を持つでもなく人間同士の絆が丁寧に育まれて
いく様はなかなか切なく感動的でした。

と、内容だけの説明だと暗い話に見えるけど、
音楽とかカワイイ明るい曲があったり、
ブラックジョークあったりで飽きることはなく
楽しくて切なくて、反則的なラストシーンには
涙腺ウルウルでしたw。
特に後半、メアリーが落込んだ時にしっとり流れる
ケセラセラ♪の唄の歌詞がこの上なく沁みました。

<予告編>

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ガフールの伝説」 [アニメ]

gafu-ru.jpg

3D映画に既に若干食傷気味ということで、、、
たぶん二千円払ってまで観るほどでもないかなと思って、
2D吹き替えで鑑賞w

無理やり想像力で3D化してみる試みで観たw
とはいえ、フクロウ達がバサバサとアクションを交え
優雅に飛ぶシーンはたぶん3Dで観てもなかなか気持ち良さそうです。

内容は想像通りわりとオーソドックス。
善と悪、楽園と闇、伝説の勇者、、、
世界征服を企む組織から王国を救うべく若きフクロウが
戦いに挑む冒険ファンタジー♪
飛べない主人公が兄弟を救う為に頑張ってましたw

監督さんは(ザック・スナイダー)。
「300」や「ウォッチメン」での映像美に定評のあるお方。
今回も、水や炎の中をうねるようなスローモーションな
シーンはスナイダー監督らしいポイントでした。
フクロウ姿のあの2本足のバランスで、ダイナミックなアクションは
よくできてるなぁ〜と思いましたw

NEWS.jpg

主人公の声を(市原隼人)君。
観てるうちにフクロウの顔がだんだん市原君に
見えてきたってことは、イメージがあってたんでしょうねw。
違和感なく爽やかでした。

伝説の勇者が(永井一郎)氏。
波平さんですw。
フクロウだけに近頃TVで観た「ハリーポッター」吹替なんかの
ダンブルドア先生のイメージがだぶりますw

敵の女将軍の声に(榊原良子)さん。
ナウシカでクシャナやってた方でした。
も、クシャナそのものな感じでwww
やっぱこの方の声、こういう凛とした豪傑な女将がよく似合いますねw

久々のベテラン声優陣、やっぱ安定して滑舌が気持ちいい♪





300〈スリーハンドレッド〉 コンプリート・エクスペリエンス [Blu-ray]

300〈スリーハンドレッド〉 コンプリート・エクスペリエンス [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray





ウォッチメン [Blu-ray]

ウォッチメン [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: Blu-ray



ガフールの勇者たち Ⅰ (MF文庫 ダ・ヴィンチ き 3-1)

ガフールの勇者たち Ⅰ (MF文庫 ダ・ヴィンチ き 3-1)

  • 作者: キャスリン・ラスキー
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2010/08/04
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「カラフル」 [アニメ]

main.jpg

原恵一監督の「河童のクゥ〜」は大好きで、
今作も高い評価だったので期待しましたが、
(感動した方ごめんなさい)これは正直、イライラしました。


何よりも、なんでこんな話わざわざアニメにする必要があんの?
ってくらいアニメの良さがなく地味。。。
ポスターの華々しいイメージも勿論登場しません。
風景とかはキレイなんだけど、模写が模写すぎて平べったい
写真っぽかったなぁというとこも気になった。
物語が終わる頃には何かしらキャラに愛着があっていいものですが、、、
それもありませんでした。。。

実写でいいじゃんって思ってたら、既にあったんですね。
10年前に(中原俊)監督が作ってました。。。↓

カラフル デラックス版 [DVD]

カラフル デラックス版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • メディア: DVD



いじめられっ子の少年が自殺をきっかけに自分と周りを
見つめ直して再生するいい話ではあると思うけど、、、
自殺をテーマにしてるわりに底浅さが否めない。。。
不幸の尺度に個人差があるとしても、こんな話で自殺志願者の
気持ちを本気で動かせると思ってるのかも微妙にも感じました。。。
(もっと不幸な人が笑顔で頑張ってる人いっぱいいるしね、
こういうの悲劇に浸る不幸自慢にしかみえないよぉ。。。)

何より主人公がガラスのハートだか何だか知らないが、あんまり
努力してる様子が感じられなくて、そこが一番ひっかかったこと。
母親の過ちに八つ当たりするのも、気を使ってくれる家族に対しての
わがままぶりは、お門違いで不快でならなかったです。。。
(ま、それが成長過程で中学生らしいのかもしれないんだろうけど、、、)

自殺の動機のひとつ、援交を目撃してしまった好きな女の子に
悩みを打ち明けられた時も、
「人それぞれいろんな面があってカラフルでいいんだよ」と
急な上から目線な主人公の心の変化に違和感があったのと
結果的に彼女の援交を肯定してあげたのもどーかと、、、
もうちょっと違う表現方法がなかったのでしょうか?

救いのきっかけは、早乙女君という飄々とした友達の出現。
彼の出現だけで、まるっと平和になっちゃったんだよね。
主人公と同じくらい成績も悪い彼なんだけど、彼とは反対に
ポジティブシンキングなトコが妙に輝いて見えましたw

とはいえ、バラバラだった家族が自殺をきっかけに
ギスギスしながらも団らんを取り戻していく
“普通の幸せがある幸せ”を確認できるという意味では
いい話であるには違いありません。

辛口感想で気分を害された方、ごめんなさい。
受け止め方も人それぞれなんで、響く人には響くと思います。
気になる人は自分で確認して下さーい!

個人的には「素晴らしき哉、人生!」の方を観ろ!とオススメしたいですがw

監督さんは好きなんで、次回に期待しまーす。


河童のクゥと夏休み 【通常版】 [DVD]

河童のクゥと夏休み 【通常版】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: DVD




素晴らしき哉、人生! [DVD] FRT-075

素晴らしき哉、人生! [DVD] FRT-075

  • 出版社/メーカー: ファーストトレーディング
  • メディア: DVD



nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ヒックとドラゴン」 [アニメ]

How_to_train_j-poster.jpg

ピクサーの「トイ・ストーリー3」に負けず劣らず、感動しました〜☆
そして、3Dで観なかったこと大後悔。。。
これも、もう一回観に行きたいと考え中でありますw

あの一見、サンショウウオなドラゴン“トゥース”。
全ての猫好き、犬好きにはたまらん仕草で心わしづかみですw
何より今回、動物が人間の言葉しゃべらないトコがいい。

335605view005.jpg
犬や猫をてなづけるように、徐々に仲良くなっていく様が
丁寧に描かれているので、とても感情移入しやすかった。
(魚をあげるとゴロニャ〜ンと喜ぶ姿がカワイイ♪)

335605view003.jpg
主人公のヒックもバイキングに不向きなやせっぽっちな
特別でもなんでもない普通の少年というトコもいいです。

How-to-Train-Your-Dragon-2.jpg
飛べないトゥースの為に尾翼をつけてあげるのですが、
最初から上手くいくのではなく、これも徐々に
バイクのギアペダルのような改良や操作で、
二人一緒じゃないと上手く飛べないあたりなんかも◎。
(飛来シーンはアラジン並みにかなり気持ちいい♪)

人間の敵だと当然のように思われていたドラゴンだけに
ヒックとトゥースの関係を引き裂かれそうになる場面は
まるでナウシカが王蟲の幼虫をとりあげられた場面を
彷彿させられる感じでw
そこで、バイキングの父との確執なんかもあるので、
お約束で後半の和解のシーンはもちろんウルウルとw
ご都合主義のハッピーエンドが多い中、
ラストの負傷したヒックのハートの強さに感心したりもw

335605view001.jpg

とにかく、トゥースが献身的に助けに来てくれるから◎
あんな空飛ぶつぉいペット欲しいぃ〜!って思うよきっとw

いろいろドラゴンが出てくる映画(実写やアニメ)観たけど、
もしかしたら一番好きな作品かも♪
加えて言うとドリームワークス作品の中でも一番かも〜♪
nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(6) 
共通テーマ:映画

「借りぐらしのアリエッティ」 [アニメ]

335800_100x100_001.jpg

酷評するほどではないけど、絶賛するにはちょっと、、、
ジブリでもなく短編扱いなら結構愛されただろうに、、、と思う。

人間と小人の関係が意外とドライに描かれてたのが
ドラマに起伏が少ない分、一番肩すかしだった敗因かもwww

映像こそ、ジブリのソレらしく瑞々しく水滴をはらう仕草とか
小人目線の借りぐらしは、緑いっぱいなエコに満ちていて
小さいならではのアイテムの活用なんかもなかなか可愛い。
(子供の時観てた、ニルスやスプーンおばさんとか
大好きだったなぁ〜なんて思い出しながら楽しめました♪)

しかし、不思議とわくわく感や胸に響くものがなくて。。。
上手く言えないけど、ジブリというハードルもあって
見た目や小手先だけではダメなんだなぁという印象。
(辛口でごめんなさーい)

それにしても、宮崎駿監督は脚本を練り込むことを
いつからお止めになっちゃったのかしら?
難しくある必要はないんだけども、それにしても
なんかすごくラフな設定と人物描写だったよな。。。

あのワーズワースの冒険みたいな主題歌と
アリエッティの可愛いさはいいと思うけど
私は「ポニョ」の方が好きだなぁ。。。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

「トイ・ストーリー3」 [アニメ]

toy_story_3.jpg

安定した面白さを保証してくれるピクサーさん。
でも今回は、特になんか感慨深かった〜☆

1995年に作られた「トイストーリー」から
気づけば15年もたってるし〜!

トイズたちのご主人アンディも大学に進学しようという
歳頃で、トイズの行き先が屋根裏部屋orゴミ箱行きか、、、
という瀬戸際に、手違いでデイケア(保育園)に寄付されて
さあ大変!という流れ。

335655view005.jpg

アンディだけじゃなく、トイズたちの成長ぶりも微笑ましく
ウッディのリーダーシップ、仲間との絆、アンディとの
信頼関係とかなりグッと来るまとまりでした。

335655view004.jpg

使い古されたトイズたちの、捨てずにひっそりしまわれるか
それでも遊び続けられる方が幸せかという悲哀もあって
なかなか考えさせられる。
去年、日本が作った似たような話「ホッタラケ〜」なんか
足下にもおよばないくらい感情移入できる仕上がりですがなw

335655view001.jpg

子供時代を共に遊んだ楽しい想い出を
アンディがトイズたちがそれぞれが振り返り、
いつまでも一緒にいられない切なさと、
次の子供たちに受け継ぐという前向きな着地でいい後味♪
愛着のあるトイズたちとの別れ際がなんとも切なくて、、、
涙腺ウルウルものでした!

もちろん爆笑ポイントも盛りだくさんw
・バズの新たなステキな一面
・Mr.ポテトヘッドのフレキシブルな行動w
(トルティーヤだけじゃなく、、、爆)
・バービーとケンのファッションショー

観た後、誰かと話したくなること間違いなし!

「1」も「2」もそれなりに好きだったけど「3」が一番好きかも〜♪


トイ・ストーリー ブルーレイ(本編DVD付) [Blu-ray]

トイ・ストーリー ブルーレイ(本編DVD付) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray




トイ・ストーリー2 ブルーレイ(本編DVD付) [Blu-ray]

トイ・ストーリー2 ブルーレイ(本編DVD付) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray



nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「9ナイン 〜9番目の奇妙な人形〜」 [アニメ]

9_imagePath_a.jpg

2005年のアカデミー賞短編アニメ部門でノミネートされた
この作品。↓



惚れ込んだ(ティム・バートン)と(ティムール・ベクマンベトフ)が
プロデュースして長編にリメイクしたと聞けば、やっぱ多少の期待は
してしまいました。。。毒気とか毒気とか毒気とか。
(画面は暗いけど思った程、ダークでもシュールでもなかったです)

それに、ここ最近「T4」やTVシリーズ「サラ・コナー〜」他、
世紀末めいた作品も多かったせいか新鮮味がなかったのが残念。

近未来の世界はターミネーターのそれでしかなく、凶悪マシンは
マトリックスのそれとなんか激似。。。
人間の傲慢な科学進歩でマシンに取って代わられて壊滅状態の
荒廃したダークな世界。
人間の最後の希望であり魂を吹き込まれた9人の奇妙な人形が
そんな世界でマシン相手に活躍するという、、、
まぁストーリー自体は、よくありそうな話。

よかったのは、9人の人形がきちんとそれぞれ特徴があったトコ。
人間の心のさまざまな面を分類されていたというか、
攻撃的なのもいれば保守的なのもいて、優しいのやイジワルなのや。
で、何だかんだ皆で助け合う温かい仲間たち。

主役の「9」はおそらく一番の末っ子。
突出した能力はないにしろ、好奇心、勇気、行動力
そして思いやりとバランスが一番良い、やっぱ主役キャラ。

「1」は保守的で頑固なリーダー。
「2」は発明能力に長けたお年寄り。
「3&4」はおしゃまな双子ちゃん。
「5」片目が特徴の少し臆病だけど優しいアニキ。
「6」マイペースに絵を描きながらも何か知識人。
「7」もののけ姫のような女剣士。とにかく見せ場はカッコイイ♪
「8」体が大きく力持ち。そしてちょっとイジワルなジャイアンキャラ。

人類が滅亡してしまった世界の希望のカケラたちは
まるで地球最後の小さな小さな精霊のようでいて、
魂の思いや願いがまた、地球に生命を再生させてくれるよな
ラストシーンは少しキュンとしちゃいました。

でも総合的な感想としては、ちょっと物足らない作品。
う〜ん、勿体ない。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。