So-net無料ブログ作成
洋画(ファンタジー) ブログトップ

「インモータルズ」 [洋画(ファンタジー)]

immortals-midnight-screenings__oPt.jpg

どなたかの感想に「映像にねじ伏せられてる」と
書かれてましたが、まあぶっちゃけそんな感じw

監督は「セル」や「落下の王国」の(ターセム・シン)。
プロデューサーは「300」の方々。
監督の壮大な宗教絵画のような美的センスは好きだし
ギリシャ神話の設定でその表現を観てみたいというのは
わかる気もするけど、いかんせんストーリーがもう少し
どうにか調整できなかったのかと悔やまれます。

地上を支配しようとするハイペリオン(ミッキー・ローク)
率いる邪悪な軍団と、その野望を阻止しようとする英雄
主人公テセウス(ヘンリー・カヴィル)+神様集団の戦いw

オリンポスの神々が封印した闇の神タイタン族を、鍵となる
“エピロスの弓”で解放し、闇の力を手に入れようと企む
ハイペリオン軍団が宣戦布告。
人類滅亡の危機を前に全能の神ゼウスが選んだ人間
テセウスにその阻止を託すのですが、、、

運命の英雄テセウスが弓を手にし大活躍、、、とはならず
あっさり横取りされる。。。
肉弾戦でヘトヘトになりながらもボッコボコ闘うのですが
ここぞというピンチには神様が参上して一蹴してしまうw
と、これじゃハラハラドキドキが元も子もないではないか!
憤慨してしまいそうな不公平展開で、派手で華麗な
アクションも神様がぶっちぎりに殺戮まつりしてしまう展開w
(3Dで血肉が思いっきり飛び散ります)

そもそもギリシャ神話を少しでも興味ないと“?”だらけ
じゃなかろうかと危惧せざるえないです。

いろんな説、組み合わせがあると思いますが
劇中に説明がなかった為になんでやねん!と
ツッコミそうになる所w

・神様なのに死んでしまうという何故
(オリンポスの神々とはいえ、闇の神々タイタン族と闘って
 負ければ死ぬ)
・弱い人間を指名した意味、助けてしまう理由
(人間に希望を期待すると同時に人間の意思協力がないと
 タイタン族に勝利できない)

とこの辺、理解するとしないとではちょっと印象違うかも。

340162view004.jpg

主人公テセウスの(ヘンリー・カヴィル)は
なかなかの男前で次回のスーパーマンだとか。
衣装も似合ってて、そのまま偶像になりそうな佇まい。

Mickey_Rourke_immortals-600x383.jpg

敵役ハイペリオン(ミッキー・ローク)は
カニばさみメット姿がちょっとお茶目w
「レスラー」を彷彿させる重量級なキング悪を好演。

0e971_196_0fa7c0ac0e58625ec6de139526a9a45a-m.jpg

神ゼウス(ルーク・エヴァンス)
ちょうど上映中の「三銃士」のアラミス役の方。
三銃士の中でも一番ステキだなぁと思ってましたが
どうやらゲイのようですね(勿体ない)
今作では、ズバーン!と地上に登場して見せ場満載ですw

衣装デザインは(石岡暎子)さんなんだけど
毎回、うっとりするような斬新さですw

201111091011081.jpg

個人的には神話ベースのゲームとか好きなんで
バッサバッサ切り倒される描写には慣れているし
それなりに楽しめましたが、ファンタジックな魔物なし
爽快感はあってもハラハラ感に疑問が残る説明不足な内容なり
「300」好きならだけど、これは観る人選ぶかも。




ザ・フォール/落下の王国 [Blu-ray]

ザ・フォール/落下の王国 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray



300〈スリーハンドレッド〉 コンプリート・エクスペリエンス [Blu-ray]

300〈スリーハンドレッド〉 コンプリート・エクスペリエンス [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray



nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「魔法使いの弟子」 [洋画(ファンタジー)]

The-Sorcerers-Apprentice-Movie-Poster.jpg

ディズニー&ブッラカイマー作品といえば、、、
ちょっと疑い半分だったけど思ってたよりは面白かったデス♪

元はデュカスの交響曲が、ディズニーの「ファンタジア」で
アニメ化され有名になって、今回は更に進化した作品。
怠け者のミッキーがホウキに魔法をかけて水浸しになる
シーンもちゃんと、オマージュされてますw


約1000年近い時を得て、大魔法使いマーリンの後継者を
探す為、放浪し続ける魔法使いバルサザール(ニコラス・ケイジ)が
現代のNYで見つけた少年に「君は選ばれし少年だ!」と宣告。
まあ、突拍子もないベタな冒頭なんだけどw

わりと最初から善悪の魔法対決が度派手な出血大サービスで、
カメハメ波よろしく、バシュンバシュン光の玉が飛んでますw
そういう意味で飽きる事はありませんでした♪

335983view001.jpg

The-Sorcerers-Apprentice-Jay-Baruchel-13-7-10-kc.jpg

でもって、主人公の青年デイヴ(ジェイ・バルシェル)くん
これまた物理オタクというだけあって、もやしっ子w
(「ヒックとドラゴン」のヒックの声も担当←もやしっ子専属?)
好みの問題だけど、なんつーかイケてないわ〜w
まあ、弟子だけに魔法の勉強中の失敗談がタイトル通り肝だったりも
するんだけど、とはいえ彼の恋の行方が全く気にならないw

でもまあ魔法だからなんでもアリのご都合主義になりがちな中
今回は、主人公が自信のなかった自分自身の成長と特技の物理の
アイデアが加わって良かったんじゃなかろうかと。

魔法の戦争だっていうのに、相変わらず車好きのニコラスさんの
趣味で派手なカーチェイスありw
いらないシーンのような?気もするけど、ニコラスさんの
小汚いロンゲ&トレンチ姿が意外に素敵だったから、、、ま、いっかw

2e8e5e19.jpg
(魔法使いマスターはやっぱ帽子が欠かせないのかな〜?ちょっと微妙w)

nicolas-cage-sorcerers-apprentice-still.jpg

monica-bellucci-sorcerers-apprentice1.jpg

あと、無駄に妖艶な(モニカ・ベルッチ)♪
せっかくだから、もっとフェロモン観たかったよ〜。


ということで、知らない人は観とくといいと思うので
1940年の「ファンタジア」をどうぞ♪

nice!(3)  コメント(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

「プリンス・オブ・ペルシャ -時間の砂-」 [洋画(ファンタジー)]

89461d3f.jpg

スーパーファミコン時代にやった懐かしいゲーム。
当時、あのドット数でくねくね細かい動きをしていた
所にやけに感動してたなぁなんて思い出します。

ディズニー映画でジェリー・ブラッカイマーが製作
と聞けば、なんとな〜く期待しすぎるのは禁物な
匂いプンプンです(笑)

それこそ「パイレーツ〜」のジョニデと同じように
主人公のジェイクのカッコ良さに萌えることができれば
そこそこに楽しく、それなりに満足です。(笑)

貧民階級育ちの“ダスタン”(ジェイク・ギレンホール)が
市場で友達の為に歯向かった勇気を買われ王家の一族に
迎え入れられるとこから始まるんだけど、
市場でのごたごた逃げ回るシーンが、ディズニーアニメの
「アラジン」の実写版のようであったりしたトコにまずはニヤニヤ。
鉄杭や細い縁伝いにヒラヒラと飛ぶアクションは
ゲームシーンを連想させる特徴でニヤニヤ。

ハットリ君のように華麗に飛び回るジェイク。
私の好きな作品「ドニー・ダーコ」では、最高に
鬱病の似合う青年だと思っていたが、そんな面影は
ぜんぜんなくて、まぁたくましくなっちゃってw♪

“タミーナ王女”(ジェマ・アータートン)。
そう言えば「タイタンの戦い」で見たばかり。
気高く気の強い王女様でダスタン王子とケンカ
しながらも最後はお約束通りな感じでw。

“ニザム”(ベン・キングズレー)。
「シャッター・アイランド」に続いてまたもや
怪しげなオヤジを好演。

ぶっちゃけ、ストーリーはつまらなくもないですが
語るほどでもないです(笑)
タイムワープものは何でもアリなご都合主義なストーリーに
なりがちなので、ラストのオチもあっけにとられるほどの
ショックではなかったにしろ、、、
人によっては、腹立つ人もいるんだろうなと思う。。。
よくよく考えると(育んだ時間とか巻き戻されちゃうと)
ちょっと切ないしね。

ディズニーらしく安心してみれる予定調和な作品w。
観賞後、若い女の子たちが「かっこ良かったね〜♪」
と言っていたから、それでいいんだと思う(笑)

個人的にはもうちょっと大きなスケールを期待したんだけど
意外と砂漠ばかりだったのが物足りなかった。。。

ちなみに一番最近のゲームの世界観はこんな感じです↓




プリンス・オブ・ペルシャ 忘却の砂 特典 攻略ガイドブック付き

プリンス・オブ・ペルシャ 忘却の砂 特典 攻略ガイドブック付き

  • 出版社/メーカー: ユービーアイ ソフト
  • メディア: Video Game



プリンス・オブ・ペルシャ

プリンス・オブ・ペルシャ

  • 出版社/メーカー: ユービーアイ ソフト
  • メディア: Video Game



プリンス・オブ・ペルシャ~時間の砂~

プリンス・オブ・ペルシャ~時間の砂~

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game



ドニー・ダーコ [DVD]

ドニー・ダーコ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「アリス・イン・ワンダーランド」 [洋画(ファンタジー)]

100112_alice_main.jpg

公開してすぐに見たんだけど、感想がなかなか
出てこないって所が本音。。。ストーリーがなぁ〜。

大好きな(ティム・バートン)作品だし、題材はアリス。
少しくらいつまらなくても無条件に見ちゃいますよ。

でも、なんつーか今までで一番パッとしないよな。。。
う~ん。。。期待が大きすぎたから?
ビジュアルにはそこそこにバートン節の世界観が
たちこめてるから、何となく話はつまんないけど、
映像は面白かったよー的なトコでとりあえず、
無理矢理、着地&納得してみる(笑)

そもそもディズニーアニメのアリスのイメージが一番
有名なせいか、上品にまとめられた世界は可愛くて
楽しくて女の子なら誰でも憧れるようなブランドに
なっちゃったからかなぁ?もっとドス黒くていいのに。

そういう意味では赤の女王(ヘレナ・ボトム=カーター)
だけティム・バートン色を全うしている(笑)
ちょっと可哀想な役だけど一番良かった。
「大きな頭は大歓迎よ♪」にちょっと笑った。

ハートのジャックを(クリスピン・グローバー)!
思わずマーティーパパ!!と心で叫んでしまったw。
この方「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の続編で
肖像権の訴訟をおこしてから随分低迷しちゃったのか
いつのまにかステキな怪演役者に!(笑)

肝心のジョニデは、いつもの仕事をこなしていたけど
やっぱ魅力的というには至らないよな?う〜む。。。

そもそも本家のアリス自体、エキセントリックな話
だし、感情移入しにくくて当然なのかもなぁ。



nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「タイタンの戦い」 [洋画(ファンタジー)]

039fa849.jpg


最近神話もののゲーム(ゴッド・オブ・ウォー3)やってたのもあり、
81年版が好きな私には、比べて見る面白さがあったので、
あーここはこうなったのねぇ、ここはこう変えちゃったのねぇと、
まぁそれなりに満足♪

ただ3Dで鑑賞したんだけど、これ撮影最中は3D用に考えられてなくて、
後から便乗したもんだからなんちゃって3Dが如実に出ててました。。。
「アバター」とかと比べてスペクタルなわりに
遠近感少な!っと思ってしまった人も多いのでは?(笑)

話はだいたいの流れは同じだったけど、
大きく違うのは半神ペルセウス(サム・ワーシントン)が
生け贄になる王女アンドロメダをふっちゃうトコ(笑)
81年版は愛する姫の為に戦うことが軸になってたけど
神に家族を殺された復讐劇がきっかけになってました。

↓81年版。コマ撮りがなんとも味わい深く見て損はないです!
82998891d6a796922f90ab1428391591.jpg

あと、ペルセウスとその母を追放したアクリシオス王が
後に半獣カリボスとなっちゃう下り、、、
いきなり統一されてちょっと戸惑いました。
巨大サソリや3人の魔女(神話ではメデューサの妹らしい)
六文銭払って死神の船でメデューサ狩りに行くあたりは
敬意を払った感じでバージョンアップ♪
(メデューサが意外とキュートな顔をしてたわ♪カワイイの)

10050862580.gif

個人的ポイント、一瞬登場する機械仕掛けのフクロウ!!!
これ81年版のそれそのまんまだったので、思わずニヤリ♪
そうとうカワイイ活躍してたので、期待してたけど、、、
カメオ出演w?ということみたい。

あと3種の神器は何とかしてはっきりして欲しかったなぁ。
剣と楯(これも正確にはちょっと違う)は何となく出てきたけど、
透明になれる兜とかも見たかった。

新しかったトコは、精霊ジンと半神イオの存在。
たぶん81年版にはいなかった(と思う)
これは、今作のリメイクのポイント稼ぎ♪

それにしても天上の神ゼウス(ニーアム・リーソン)と
兄であり冥界の神ハデス(レイフ・ファインズ)。
微妙にメイク顔が似てて一瞬、どちらかが二役?
と混乱しそうになりました。
イメージだけど、やっぱハデスには暗黒めいた
いかつい兜をかぶってていただきたいw!

そもそも神話は人間が集団共同体を維持するためだったり、
森羅万象を理解、納得する為にその時代時代での心理から
生まれたとされてますが、
結局、人間が謙虚さを忘れず傲慢になっちゃあいけないよ!
とドラマティックに語り継がれたエンタメの起源なんですね。
紀元前15世紀くらい?の人、めっちゃユニーク!!


タイタンの戦い 特別版 [DVD]

タイタンの戦い 特別版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD





ゴッド・オブ・ウォー III【CEROレーティング「Z」】

ゴッド・オブ・ウォー III【CEROレーティング「Z」】

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game




CLASH OF THE TITANS:タイタンの戦い

CLASH OF THE TITANS:タイタンの戦い

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: Video Game



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

「かいじゅうたちのいるところ」 [洋画(ファンタジー)]

img.jpg

多少の好き嫌いは分かれる作品だと思うけど、
私はとても大好きな作品となりました。

「マルコヴィッチの穴」のスパイク・ジョーンズ監督だもの
普通の良い子ファンタジーなわけがない!

絵本の世界を壊さずに無垢で無邪気でブサ可愛くて(笑)
最後にホロリと泣かされました。

カンシャク持ちのマックスが少しだけ成長する話だけど
子供だけじゃなくて大人向けにもなってて深いと思いました。

ガチャピンもびっくりな着ぐるみかいじゅうたちが
楽しげにジャンピングアタックするシーンは笑ったけど
実際下敷きになることを考えると怖いです(笑)
着ぐるみが安っぽいという訳でなくシュールな面白さと
哀愁漂う切ない世界観と表情が素晴らしいです。
あと、かいじゅうの大粒の涙にもグッときちゃいました。

子供のリアルな無邪気さ残酷さ自己中心的なとこが
観客(特に大人)に媚びてないとこもいいです。
たべちゃいたいほど、すきになったよん♪


かいじゅうたちのいるところ

かいじゅうたちのいるところ

  • 作者: モーリス・センダック
  • 出版社/メーカー: 冨山房
  • 発売日: 1975/01
  • メディア: 大型本





Where the Wild Things Are

Where the Wild Things Are

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Interscope Records
  • 発売日: 2009/09/29
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ハリーポッターと謎のプリンス」 [洋画(ファンタジー)]

2008_harry_potter_and_the_half_blood_prince_poster_015.jpg

「ハリポタ」の新作がどえらい稼いでいるらしい。
そんな興行成績に私も貢献した一人なのだが…。

一晩で約2,220万ドル。平均映画の週末3日分くらいらしい。
(ちなみに「ダークナイト」の記録が約1,800万ドル)

とくにハリポタファンではないけれど、今回の
最終章の幕開けは何か気になって鑑賞。
同じような気分で見る人も多いのかもしれない。

さて、もう6作目なんですね。
私は1作目は好きでしたが、その後はなんだか
毎回おき楽ご都合主義な感じに心離れておりました。
劇場で見るのは2作目から久々、他は片手間のDVD鑑賞
だったせいもあり、面白く感じました。

ハリーをはじめ皆すっかり大人になっていて、
魔法ではなく色恋沙汰にドキドキ悩むお年頃に。
前半はそんなピンク色なホグワーツにクスクス
笑う女子が周囲の客にめっぽう多かった。

そしてメインは騎士団の話のつづきが濃厚なので、
是非とも前作の復習をオススメします。
ほんわかファンタジーは色褪せて、
ダークな展開がいつになく作品に緊張感をもたらしてます。

ハリーと共にヴィルデモードの復活を止める調査に向かう
ダンブルドア校長は炎をまとうモーゼのようでした(笑)
そして、今作始まって早々に漂う黄昏た空気に不安がよぎりました。

・・・・ダンブルドア校長・・・校長!!!

今回はヴォルデモードの回想シーンが多く、今後の展開に
いろいろ予想を膨らませてくれるヒントがあったと思います。
幼少期のヴォルデモードの男の子は、ヴォルデモード役の
レイフ・ファインズの甥だそうで、DNA繋がりもありしっくりと
チビながら涼しげです(笑)

でもって気になるあの人は、本当は良い人?悪い人?
・・・気になる所で "to be continue..."です。
またまた2年越しのおあずけ。
ハリーがムキムキのゴツゴツになる前に何とか終わって欲しい。

lunaslionhat.jpg

ひとつ大好きだったのが、大西ライオンのような
かぶり物をした天然娘ルーナちゃん♪↑
オモロカワイく一押しです!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
洋画(ファンタジー) ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。