So-net無料ブログ作成
洋画(アメコミ系) ブログトップ

「アメイジング・スパイダーマン」 [洋画(アメコミ系)]

12041701_The_Amazing_Spider_Man_01.jpg

スパイダーマンシリーズは作り続けたいけど
なんやかんや製作側と監督がもめたあげく、
リブートされ、はい高校生からまたやり直しってことでw

デキのよかった前シリーズだったのもあり
賛否両論ありますが、私はこの新シリーズ好きです。


監督は(マーク・ウェブ)「(500)日のサマー」
ミュージック・クリップ畑の監督さんらしい味付けも
ところどころ、というか全体的に爽やかなのも好きw
リスクの高いリメイクにしては、いい抜擢だと思いました。

<あらすじ>
高校生のピーター・パーカーは両親が失踪した8歳の
ときから伯父夫婦のもとで暮らしていた。
ある日、ピーターは父リチャードの共同研究者だった
コナーズ博士(リス・エヴァンス)のもとを訪れ、
研究室で特殊なクモにかまれてしまう。
その直後、ピーターの体には異変が起き……。
             (シネマトゥデイ抜粋)

amazing-spider-man-andrew-garfield-emma-stone-22.jpg

新スパイダーマン/ピーター・パーカー
(アンドリュー・ガーフィールド)
「ソーシャル・ネットワーク」「私を離さないで」

トビーに比べていろいろとスマート?♪
それが気持ちいいとこだったりもします。

「BOY A」の彼を観て以来、ガラスのような繊細そうな彼が
気になってしょうがない存在でおりましたが、
今作でも大半ウルウルと涙ぐんでばかりw
不安やら葛藤やら後悔やらいろんな表情をマスクで
隠しちゃもったいないとばかり、ありえないくらい
よくマスクを脱いでウロウロしてました。

なぞのヒーローの正体がバレる?バレない?ギリギリな
とこも従来はみどころだったはずなのに、実にあっさりw

340403view006.jpg

あと、腕から直接出てた糸が“ウェブシューター”という
装置に変わってました。(原作もそうらしい)
これに変更することで、トラブルで糸が出なくなっちゃう
かも?というハラハラ感は少し上乗せされた気もしますw

340403view020.jpg

ヒロインは今年人気急上昇中(エマ・ストーン)
「ゾンビ・ランド」「ヘルブ」「ラブ・アゲイン」

今までのキルスティン演じてたMJと変わって
ピーターの足を引きずるでもなくサポーター側に、
警察官の娘でしっかりめ理系女子に変更。

サム・ライミ版の逆さ吊りチューも名場面ですが、
今回のキスシーンも告白にモジモジのピーターが
言葉足りなげにおこした行動はなかなか可愛いw

唯一、残念だったのが敵のリザードの造形。。。
コナーズ博士(リス・エヴァンス)の演技はいいと
思うけど、変身してから一本調子なのが物足らずといった
感じで、ここがもっとよければなぁと悔やまれます。

エンドロール後にまた、次回作を匂わす予告あり。
今回いくつか回収されてない問題もあったので
そこも含めて続編がとても楽しみです。




(500)日のサマー [Blu-ray]

(500)日のサマー [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray




ブルーレイ スパイダーマン トリロジーボックス [Blu-ray]

ブルーレイ スパイダーマン[トレードマーク] トリロジーボックス [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

「グリーン・ランタン」 [洋画(アメコミ系)]

グリーンランタン.jpg

マーベルでなくDCコミックの方です。
スーパーマンやバットマンの影に隠れてどんだけ有名かは
知りませんが、やはり今一歩のルックスでちょっと地味w

主演:(ライアン・レイノルズ)
スカーレット・ヨハンソンの元ダンナさんね。
2010年、最もセクシーな男にも選ばれてましたが
はて、その魅力はよくわからず。。。
自分的には脇でイヤミな二枚目をやるのが一番適役だと思うw

ヒロインに(ブレイク・ライブリー)
「ザ・タウン」のやさぐれたヤンママと違って
デキる美人パイロットを好演。可愛かったです。

green-lantern-poster-sinestro.jpg green-lantern-poster-hector-hammond-peter-sarsgaard.jpg

他、「キックアス」の(マーク・ストロング)や
「17歳の肖像」の(ピーター・サースガード)等。
久々に見た(ティム・ロビンス)はちょっと残念な扱いで。。。

<ストーリー>
見習いパイロットのハル(ライアン・レイノルズ)はある日、
リングのパワーに導かれ、「グリーン・ランタン」のメンバー
となる。自信家の彼も、当初は宇宙最強の武器とうわさされる
パワーリングの力と宇宙の番人役としての務めに戸惑っていた。
だが、恋人(ブレイク・ライヴリー)や仲間を守るため、
戦いに身を投じていく。     (シネマトゥデイ抜粋)

※wikiによれば二代目グリーンランタンのお話のようです。


とりあえず、アメリカでも公開前から宣伝がイケてなく不評で
実際、見てみてもちょっと・・・な仕上がり。。。

全体的に納得いかない突拍子ない話の展開がどうもね。。。
突然、指輪に指名されグリーンランタンの仲間入りしてしまう
主人公の選ばれた理由や試練の薄さなどポッと出が否めない
お手軽さに地球の一大事を守られてる気がしなかったりで、
途中からツッコミながら見る作品だと頭を切り替えましたw

今回のヒーローの見所となるパワーも知らなかったんですが
想像力でエネルギーを武器に変えるという何でもありな能力。
指輪かかげてドーン!ってwww
なんかカッコいいというより、想像合戦のような感じで、
どうせならライアンの肉体美を活かしたアクションも
盛り込ませてあげたかったなぁなんて思ったりもしました。

でも、ひと昔前のアメコミ映画なんかはこんなベタな感じ
だったような気も懐かしさもあり、
他のヒーローにあるような信念なんかが薄い分、のりしろは
未知数で、ちょっと応援もしてあげたい気分でもありますw

これもまた、続編ありきなエンディングありです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「キック・アス」 [洋画(アメコミ系)]

kick-ass'.jpg

この映画を甘くみてはイケナイヨw

なぜって、11歳の少女が過激に華麗に殺戮しまくり〜♪
人が爆発したり潰れたり色々、、、だからなのかなんなのか、
なぜか前売りもなく、都内も1館のみというこの作品
どうやら大手映画会社の配給がつかなかったのが原因のようで
監督自らが資金繰りをしインディーズ映画となったみたい。
(ブラピがプロデュースでもダメなんですかねー)

a88cc341.jpg

何しろこの映画で活躍するヒロイン“ヒット・ガール”
演じる(クロエ・グレース・モレッツ)ちゃん。
殺し屋ロリータとして、キュートな見かけでカッコ良すぎw

060909_kickass.jpg

今年の「ゾンビランド」なんかともタイプが似てると思ったのが
イケてない草食系ヲタク男子“デイヴ”(アーロン・ジョンソン)
主役でありながらちっとも強くないけど、、、
無力なヒーロー“キック・アス”としてがんばる
メゲナイ精神や等身大の素直さが何ともチャーミング♪

o0500032410896879384.jpg

その影で昔の因縁で犯罪組織を本気でつぶそうと日夜訓練し
たくらむのが、”ビック・ダディ”(ニコラス・ケイジ)と
クロエちゃん親子。こちらは本気で強いとこが見所☆
登場シーンがインパクトありすぎて笑いましたw
(キャッチボールでもするかのようなノリで、
娘に防弾チョッキ着せて、その娘に銃をぶっ放すパパ)

でもって、まさかクロエちゃんがあそこまで
バッサバッサと切りこむとは思わなかったのでビックリ。
少女にそんな下品なセリフを、、、そんな殺人を、、、
なんて気にする間もないくらいの軽快な勢いですw

4284-kick-ass-20091105023449635.jpg

その他、こまか〜い部分でヒーローヲタクの愛や
歴代有名ヒーローへの賛辞を感じる憎い演出もあったり
あと主役のヘナチョコヒーローのラストの見せ場が
純粋に素敵だったりで◎

大手が作るアクションヒーローものに飽きてる人なんか
どストライクなはず。
昔と違って少し不健全にリアルに偏ってないと
物語に入り込めない、これも時代のニーズなんだぁね〜w
観て損はないと思います(子供にはオススメしないけど)




キック・アス (ShoPro Books)

キック・アス (ShoPro Books)

  • 作者: マーク・ミラー
  • 出版社/メーカー: 小学館集英社プロダクション
  • 発売日: 2010/11/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「アイアンマン2」 [洋画(アメコミ系)]

p-1057.jpg

リカちゃん人形より超合金が好きだった私は
メカメカした一作目がちょ〜大好き♪

で、ヒーローにしては異色のチョイ悪なオッサンなトコもw。
皮肉たっぷりの話術も、適当な人間くささも、
キューピー立ちで飛んじゃう微妙なカッコ良さもw。
笑カッコイーのほほんヒーロー誕生が微笑ましかったヨ。

で、期待しすぎてしまった2作目。
冒頭のモナコのつかみは滑り出し好調で良かったものの、
今回のメインの流れは軍需企業のライバル会社との抗争〜
ロシアの天才ウィプラッシュの逆恨みが絡んで来てって話。
あれ?だんだんちょっと中だるみでないかい?
なんかトニーが(リアクターの毒に犯されて)
余命を気にしてヤケになっとるし。。。

でも前作よりスケールアップしないといけないしね、、、
そうかぁ、そうだよなぁ〜。。。うん、面白いかな。
あれ?・・・それにしても、ミッキーあっけなくない?
見所はそれなりにあったけどなんか薄味。なんてトコが正直な感想です。。。
(外人の子供多数は大爆笑してたから英語で観たら違うのかも)


warwachinecasting.jpg

↑親友“ローディ”が(テレンス・ハワード)から(ドン・チードル)に。
チードルさんは嫌いではないけど、タイプが違うから終始冷静な
彼にちょっと違和感がw。
前回、結構苦労したアイアンスーツもね、、、
えっ?そんなあっさり着こなせるもんなん?て思ったりしてw。

m_rourkex-large.jpg

ボロボロのミッキーは、あのルックスでちまちまと
インテリジェンスな姿が妙に可愛く見えましたw。
「レスラー」以降、哀愁漂って見えるせいか
妙に味に深みがあるように感じてしまうw。良い良い♪

335567view006.jpg

スカヨハは普段の雰囲気が見事に消されちゃっててw
(第一候補がエミリー・プラントだったせいかしら)
これはこれで新鮮だども、もうちょっと観たかった所で
次回におあずけですかい?
今後の「アベンジャーズ」の絡み具合が楽しみです。

335567view012.jpg

続編に向けて仕方ないのですが、秘密組織S.H.I.E.L.D.の存在って
アメコミ興味ない人とかどうなんでしょ?
知ってる人には唐突な独眼竜(サミュエル・L・ジャクソン)
の登場に爆笑でしたけどw。話の詰め込み感が否めないw。

335567view007.jpg

ミッキーさんとスカヨハの影にすっかり隠れちゃったけど
(サム・ロックウェル)もなにげに良い。
油断ならない姑息なキャラが似合うねこの人w。
今にも突然キレだしそうな雰囲気がなんともこの人の持ち味。
(若い頃のゲイリー・オールドマンあたりに似てる気もする)

エンドロール後、またもや続編を匂わすカットあり。
「アベンジャース」のメイン3人のうちのひとり“雷神ソー”の
ハンマーが出て来ました。
あともうひとりの“キャプテンアメリカ”はいつ公開なんでしょねw

と、何だかんだ言っても3作目も楽しみだよーん♪
nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」 [洋画(アメコミ系)]

x_men_origins_wolverine_movie_poster4.jpg

アメリカ映画ファンの7割がファンだという“ウルヴァリン”。
2000年の「X-MEN」で華々しくデビューし、あれから9年。
(ヒュー・ジャックマン)もとても大事に思っている役柄のようで
今回は製作にも参加。徹底した肉体改造にしかり、吠えまくりの
思い入れが画面からひしひしと伝わってきました。

「X-MEN」に続く前置きとしての謎が紐解かれる部分、子供の時に
特殊能力に目覚めてから、幾ばくの戦闘を乗り越え、記憶を無くすまで。
ウルヴァリンという名前の由来、骨だった爪がアダマンチウムに改造、
10番目の意味を持つX、革ジャンの元ネタ、記憶を消された理由、等。
ニヤリするエピソードもあり、大好きな“ウルヴァリン”がピンポイントで
アクションてんこ盛りに活躍する今作には大満足♪
といっても、「X-MEN」シリーズのファンとしては想定内の内容かな。
(初見の方にも入りやすいようマニアックすぎず…という感じ)

今回の見所は新顔もたくさん出てきたトコ。
特に見せ場も多く話の軸ともなる兄弟対決の兄ビクター(リーヴ・シュレイバー)が
どら猫顔にピッタリのネコ科のミュータントで四肢で駆ける姿が格好良いです。

img_1599284_49204853_0.jpg

オープニングで、不老不死の二人が南北戦争〜世界大戦〜ヴェトナム戦争等
(「プライベート・ライアン」や「バンド・オブ・ブラザース」などを思い出す)
ダイジェスト映像が格好よくこれだけでも1本できそうな感じ。
モミアゲ兄弟の息ピッタリのコンビネーション戦術。二人の絆も印象的な冒頭でした。
信頼の絆から憎悪に変わり対決しながらも、実は愛ある感じが良いです。

他にもシリーズファン待望のキャラ、“ガンビット”(テイラー・キッチュ)が登場。
棒術とカード使いの達人でチョイ悪ギャンブラーという感じが魅力的。
ウルヴァリンのキャラとかぶるので見送られてたらしいけど、
なるほど、“ガンビット”主役でも1本作れそうな気配です。

3341498713_b56a8f671d.jpg

若かりし、“サイクロプス”の初々しい姿や、チラリ程度に見える“ストーム”、
若返り修正を施された“プロフェッサー”の唐突な出演も
従来ファンはきっとニヤニヤしちゃうと思います。

それにしても、9年越しと思えない40歳のヒューの肉体美はスゴイ!
本来マッチョも胸毛も好きではないが、ワイルドなヒュー様にはメロメロです。


余談ですが、「X-MEN」の翌年に出演した映画「ニューヨークの恋人」では
19世紀から来た(ヒュー・ジャックマン)と現代の(メグ・ライアン)の
時空を超えたファンタジーラブロマンス物。
ここでは(リーヴ・シュレイバー)が二人の仲を持つキューピットとして共演。
二人とももちろんモミアゲもなく、吠えてません(笑)
ツルっと上品な感じで見比べてみると面白いと思います。
ヒュー様の余韻に浸りたい女子にオススメな恋愛映画です。


ニューヨークの恋人 特別編 [DVD]

ニューヨークの恋人 特別編 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ヘルボーイ/ゴールデンアーミー」 [洋画(アメコミ系)]

img_907349_24447441_0.jpg

「パンズ・ラビリンス」の
ギレルモ・デル・トロ監督作です。

今回、地獄生まれのヒーロー(ヘル・ボーイ)が
人間界を滅ぼそうと企む闇の世界の王子様
(“毒されたエルフ族”みたいな出立ち)と対決。

正直、前回もストーリーはあんまり印象に残らなかったが、
今回もまた、、、うーん同じかな。でもあえて
「ヘルボーイ2」としなかったのは良かったかも。
期待するポイントをずらすとそれなりに楽しめました。
まぁ人気の秘密は、キャラクターの見た目と
そのギャップで愛嬌ある人間臭さといったところでしょうか。

怪力だけが取り柄?の口の悪い大雑把な赤い大ザルと
特殊能力といったら心を読むくらいの繊細な魚男の
ビール片手に恋話で盛り上がり唄っちゃうあたりとか
けっこう胸キュンだったりします。

そして、ビジュアル的な魅力。
毎度この監督のクリーチャーものは大好きです。
そういう意味でこの作品もカラフルなおもちゃ箱
のように、視覚的楽しさはてんこ盛りでした。

アメコミ物としては、少々爽快感には欠ける所は
否めないですが、マニアック好きな人向けというか
細かい所やクセを楽しめる方にオススメです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
洋画(アメコミ系) ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。